犬墓大師堂

犬を連れてこの地の山に分け入った弘法大師が猪と遭遇したところ、その犬が弘法大師を猪から守りました。                                                                                                                            しかし犬は、誤って滝壺に落ちてしまい、犬の死を憐れんだ弘法大師が犬の墓を立てこの地を犬墓と名づけたと言われています。墓は享保(1716〜36)の頃、犬墓村庄屋松永傳太夫が造ったとされています。


より大きな地図で 犬墓大師堂 を表示