特産「土成のぶどう」

国道318号線沿いの土成町宮川内の盆地は、昼夜の気温差がありぶどうの栽培に適していることから、ぶどうづくりが盛んに行われてきました。今では栽培される品種も増え、さまざまな味をお楽しみいただけます。
県内はもとより、関西方面からも、毎年訪れてくださる方が多くいらっしゃいます。 

丹精こめて育てられた土成のぶどうをぜひご賞味ください。

”直売所”のページにも情報がございます。
http://www.awa-kankou.jp/tp/item.cgi?Id=202